北九州で軽中古車販売・軽新車販売!軽スマイル39.8万円軽専門店!お探しのお車が必ず見つかります!!
HOME > 軽自動車にまつわる話 > 子育て世帯にピッタリの軽自動車 > 軽自動車を馬鹿にしてはいけない(スペーシア)
軽自動車にまつわる話
軽自動車にまつわる話
「子育て世帯にピッタリの軽自動車」

軽自動車を馬鹿にしてはいけない(SUZUKI スペーシア)

福岡県北九州市で妻と子供1人の3人家族で暮らしております。
私は結婚後初めて軽自動車に乗ることになりました。もともと妻が持っていた「ワゴンRスティングレー」を 通勤用として使うことになったのです。 当初は、「軽自動車なんてスピードも出ないし、狭いし、嫌だな。つまらないな。」と感じていました。 しかしこのワゴンRスティングレーはターボ車であったこともあり、思った以上の加速性能とスピード感があり衝撃を受けました。 また、室内もとても広く感動したことを覚えています。 今まで軽自動車を馬鹿にしていたことを深く反省しました。 燃費もよく、軽自動車税も一般の自動車税と比較しても安かったため大満足しています。

  • 最近では、子供を持つ母親も利用する軽自動車。 幼稚園や保育園の送り迎え用にとさらに軽自動車を購入することになりました。 「絶対条件はスライドドア」と言うことで「スズキのスペーシア」に決めました。 チャイルドシートやジュニアシートに子供を乗せる際に、どうしてもドアを全開にしなければならず、 今までは駐車場で隣の車に迷惑をかけていました。 スペーシアは、両手がふさがっていてもワンタッチで開け閉めできるスライドドアなので、子供が寝てしまった時など とても便利です
  • 家族

スライドドアの車種が出たことで、ミニバンやBOXカーと同じように便利になりましたね。 最先端技術だけでなく、このような仕様が出てくることが、ますます軽自動車の需要を高めているのだなあと感心しています。

私が思うオプションについて・・・

軽自動車としても当然ながら、ETCやドライブレコーダー、カーナビやバックモニターなどは搭載可能です。

  • 特にバックモニターは取り付けたほうがいいかもしれません。 普通車を運転していた人間が軽自動車を運転するようになると、最初のうちは車幅やハンドル操作の感覚がうまくフィットしないことがよくあります。 本来は普通車よりも簡単そうに見えるバックでの駐車も、なぜかきっちりと入らないということが起こりえます。 そのような感覚のずれを修正するためにも、事故が起こる前にバックモニターを取り付けておくと安心感が違います。 今や主流になりつつあるオプションはぜひともつけておきたいものです。
  • バック駐車
一方でエアロパーツの過度な装着は燃費性能の悪化にもつながりますから、 適度なところでとどめておくのが無難ではないかと思います。

私が思うメンテナンスについて・・・

一般的に「10年10万キロ」が自動車の寿命とよく言われてきましたが、 メンテナンス次第ではそれを大幅に超えても乗り続けることが可能です。 エンジンオイルやオートマオイルのこまめな交換、ブレーキパッドのチェックなど日常的な点検を しっかりとしておけばそれだけ長持ちするということです。 定期点検や車検の際には金額を惜しむことなく、愛情をかけて軽自動車に接してあげることが、末永く付き合っていけるコツなのです。
どんな車もそうですが、長く共に走れば走るほど思い出も増え、そして愛着もわきます。 軽自動車も人生のパートナーの一部として、大切に使ってあげてほしいものです。

この記事に関連した軽自動車

カーセンサー
アクセスマップ&FACEBOOK
アクセスマップ&FACEBOOK
グループ店舗の紹介
グループ店舗の紹介
c2016 K-Smile Co., Ltd.

PAGE TOP