北九州で軽中古車販売・軽新車販売!軽スマイル39.8万円軽専門店!お探しのお車が必ず見つかります!!
HOME > 軽自動車にまつわる話 > 自分なりのこだわりと軽自動車 > スポーティーな軽自動車(アルトワークス)
軽自動車にまつわる話
軽自動車にまつわる話
「自分なりのこだわりと軽自動車」

普通車にも負けない!
スポーティーな軽自動車(SUZUKI アルトワークス)

私は北九州市の郊外に住んでおります。
以前は普通車のスポーツカーに乗っていたのですが、最近軽自動車に乗り換えました。
あまり遅い車だと、高速だとか幹線道路を走る時に合流がしんどかったり、流れに乗れないという事になるのも嫌だったので、やはり走行性能の高いスポーツ系の軽自動車をチョイスしました。

  • 軽自動車のスポーツカーというのも、実は意外と種類があり、どれにしようかかなり迷ったのですが、 私は最終的に現行型のアルトワークス(HA36S)を購入しました。
    その昔、HA21S型という古いアルトワークスの助手席に乗った事があるのですが、 これがかなり速く、当時私が乗っていた車より速かった程でずっと心に残っていました。 丁度乗り換えを検討していた時に新型アルトワークスが発表され「もうこれしかない!」と思い 乗り換えを決意しました。
  • 高速道路・合流

昔から軽自動車で一番速い車は?と聞くと、必ず答えとして1度はアルトワークスの名前が上がります。 その現行型であるHA36Sもやはり速く、幹線道路を走ろうが高速道路を走ろうが加速性能で不満が出る事はまずありません。というのも当然で、当時のHA21S型アルトワークスの車重が650㎏に対し、HA36S型アルトワークスは車重が670㎏と、20kgの重量増しかしていないのです。これは現代の厳しい安全基準等を満たした上での数値なので、メーカーがどれだけ軽量化に心血を注いだかがよく分かります。

その代わり、エンジンパワーについては大きな違いはありません。 軽自動車には最大出力の自主規制値があるので、今も変わらず64psです。
ただし、大きく向上した部分がありました。それはガソリンが高くなってきた現代では非常に重要な「燃費」です。 昔のアルトワークスは、それはそれはひどい燃費でした。時には11km/Lという事もありました。 それに比べてHA36Sは高速であれば20km/Lを超える事もあり、 下道メインの時でも15km/Lを下回る事は中々無いと思います。
ただ、燃費がいいとはいえ、あくまでスポーツ系の軽自動車に限っての話です。 普通の軽自動車ならもっと燃費のいい車はいくらでもありますので・・・

  • また、山道を走るワインディング等が楽しいのも、この車の良いところだと思います。 アルトワークスは純正でサスペンションメーカーの老舗「KYB」が調整したサスペンションが採用されており、 ロール量が少なく、なおかつ硬すぎないという調整がされています。 クネクネとした山道では非常にキビキビとした快適な走りをしてくれるので、ただ単純にドライブするだけで楽しい車です。
  • 山道走行

更にレカロ社製のセミバケットタイプのスポーツシートも純正で採用されているので、適度なホールド感があり、多少激しい操作をしたくらいでは体が横へズレたりする事はありません。 しかも、腰への疲労も少なく、長距離運転もかなり快適です。

私が思うオプションについて・・・

もしこれからアルトワークスを新車で買う方がいれば純正オプションのアルミホイールはオススメですよ。アルトワークス又はターボRS専用のオプションなのですが、これ自体も軽量に作られていますので、更なる軽量化が可能で見た目もかっこいいです!

それから、これも純正オプションでLEDライト付きエアーコンプレッサーという物があるのですが、これもオススメです!走りを重視する人、燃費を重視する人、どちらでもタイヤの空気圧は大きく関わってきます。 これがあると、いちいちガソリンスタンドへ行かなくても自宅で空気圧を足したり抜いたりしてから、ドライブへ出かける事ができます! 運転中にいきなりパンクしてしまったりしても、その場で空気を目一杯足して応急処置も可能です。 珍しくLEDが付いているので夜でも安心ですよ!

私と同じようにスポーツタイプの軽自動車を検討されている方がいらっしゃいましたら、アルトワークスは是非お勧めできる車だと思います!

この記事に関連した軽自動車

カーセンサー
アクセスマップ&FACEBOOK
アクセスマップ&FACEBOOK
グループ店舗の紹介
グループ店舗の紹介
c2016 K-Smile Co., Ltd.

PAGE TOP