北九州で軽中古車販売・軽新車販売!軽スマイル39.8万円軽専門店!お探しのお車が必ず見つかります!!
軽自動車にまつわる話
軽自動車にまつわる話
「自分なりのこだわりと軽自動車」

初恋の軽自動車(DAIHATSU タント)

今から10年ほど前、北九州市の路上で私が初めて走行中のタントを見かけたとき、まさに初恋の時のような淡い恋心を感じました。

  • 即座に「次に軽を買うんだったら、絶対こいつに決めた」と思った瞬間でもありました。 当時は子供もまだ小さく、家族のためにとワゴン車を買ったばかり。 セカンドカーとして…などと思ったりもしましたが、やはり維持費のことを考えると、とてもそんな余裕などありませんでした。「将来、子供たちが大きくなったら必ず…」との思いを持ち続け、一昨年ようやく念願が叶ったところです。
  • 淡い恋心

思った通りの素晴らしい乗り心地と快適空間。私だけの「動く書斎兼寝室」と銘打って、毎日楽しい日々を送らせてもらっています。
 私のタントのボディーカラーは白です。 タントを買うなら白!と、ずっと以前から決めていました。本当はタント・カスタムが欲しかったのですが、 やはり定年退職後の身には厳しく、手が届きませんでした。 家族もカスタムの方が…と口うるさいほどだったのですが、私としてはそれほどこだわるところではなかったので、タントXで大満足でした。

軽自動車のこのタイプは、車体の大きさがほとんど小型の普通車並み。 ですから、私のようにかつて「軽」といえば排気量360ccの時代を知っている者にとっては、 信じられないような愛車を手にすることができた…といった感じがしてならないのです。

  • しかも、タントは内装も豪華で機能的。車内の広さは、とても軽自動車とは思えないくらいです。 天井は高く、座席の間隔もゆったり。 後部座席に至っては最後部までスライドさせると、 身長180センチ以上ある息子が座って伸びをしてもまだ十分余裕があるほどです。 それでもさらに荷物を後部ボックスに置けるスペースがあるのですから最高です。  内装ではこのほか、左右に大きく空間を確保し、ワイド感を持たせたインパネが印象的。 ライトを付けるとオレンジ色の照明が全体を照らして、一見シャンデリアのような雰囲気を醸し出してくれます。
  • 愛車
より注意が必要な夜間の運転では、目の疲れなどを癒してくれそうな感じがしています。 加えて暖色系の明かりは目だけでなく、体全体に良い影響を与えてくれているようで、快適なドライブを堪能させてもらっています。

走行については、車体が大きい分だけ加速しにくい面はありますが、 サスペンションがしっかりしているだけに揺れが少なく安定した走りです。 燃費は通常、リッター12キロ程度。 長距離ドライブとなると15キロぐらいまでアップします。 軽自動車としては若干燃費は低めですが、車両全体を総合的にみたら、これくらいは納得の範疇ではと思っています。

初めて軽自動車を購入したのは、二十歳の時でした。 先ほども少し触れましたが、排気量360ccの時代。 とてもエアコンを装備するだけのパワーなどなく、エンジン音は甲高く、現在のタントとは比べようがないほどの低レベルでした。 以来、実に約40年ぶりの「軽」復帰ということになります。 まるでタイムスリップしたかのような進歩、発展のすごさ。 維持費も12,000円台の税金を含めても、物価レベルでは40年前よりもずっと安価になっていることと思います。 ましてや2年ほど前まで乗っていたワゴン車などの普通車と比べたら、維持費は格段に減少。 家計にも優しく、どこをとってもいいこと尽くしといった感じです。

  • 我が家は妻と息子2人の4人家族で、全員が社会人です。 また全員マイカーは軽自動車です。各自、自分の車は自分で選ぶという暗黙のルールの下、 私は通勤だけでなく「動く書斎兼寝室」との意味合いも込めて、ずっと以前から目星を付けていた車を選択したまでのことです。といっても、私の愛車に家族全員が乗ることもあって当然。 そこで購入前に一応全員に相談しました。合格点をもらったので即決…といった成り行きです。 案の定、購入後は全員でタントに乗ることも多くなりました。 時折「広々として、なかなかいい乗り心地…」などと息子らが一端の評論家じみたことを言ったりして、 私は一人にんまりするといった具合です。
  • 家族に相談

私が思うオプションについて・・・

さて、オプション装備関係ですが、最近流行のナビゲーションを検討してみたのですが、 いざ購入しようとなると、どうしても高価商品に目が行ってしまうものです。 かといって、それほどの予算的余裕がないのが現状。息子の車に装備しているナビを見ると手が伸びそうになるのですが、画像の荒さが気になってしようがありません。ということで、ここは当面スマホのアプリにあるナビ利用で我慢することにした次第です。 バックカメラもあった方が安全性の面からも安心とは思いましたが、ナビと同じく次なる目標とばかりに先送りすることにしました。

私が思うメンテナンスについて・・・

日頃のメンテナンスに関しては、とりあえず3ヶ月に一度の間隔でタイヤの空気圧をチェック。スタンドの設備を借りて、標準設定値の2.2に調整しています。 ほかにもエンジンオイルやバッテリーなど、スタンダードな部分に関しては自分でできるだけチェックするよう心掛けています。 ただ、あくまで素人判断の域を出ないので、数ヶ月に一度はスタンドやディーラーに専門的な目でのチェックをお願いしています

この記事に関連した軽自動車

カーセンサー
アクセスマップ&FACEBOOK
アクセスマップ&FACEBOOK
グループ店舗の紹介
グループ店舗の紹介
c2016 K-Smile Co., Ltd.

PAGE TOP