北九州で軽中古車販売・軽新車販売!軽スマイル39.8万円軽専門店!お探しのお車が必ず見つかります!!
HOME > 軽自動車にまつわる話 > その他、軽自動車について思うこと > 軽自動車の魅力とお勧め( ワゴンR)
軽自動車にまつわる話
軽自動車にまつわる話
「その他、軽自動車について思うこと」

軽自動車の魅力とお勧め(SUZUKI ワゴンR)

  • もともとは軽自動車には興味が無かったのですが、福岡県北九州市へ転勤となり車通勤になってしまったため、維持費の安さを期待してセカンドカーとして軽自動車を購入しました。
    現在はスズキのワゴンRターボを所有しており、改めて軽自動車の魅力を感じています。 年式は平成13年と少し古いのですが、生産台数の多かったモデルなだけに、ちょっとした故障なら部品交換も安価で済みます。中古パーツの豊富さというメリットや、ミッションやエアコンなどの大きなトラブルも無く日常の足として重宝しています。
  • 維持費の安さを期待

走行距離は10万キロを超えて、多少不具合も出始めていますが、大きな負担にもならず維持しています。 車重800kgに対してターボ無しでは動力性能が厳しいようですが、ターボ付きを選びましたので走りに不満もなく、 また年式のわりには燃費も悪くはないと思っています。

最初の軽自動車は三菱ミニカでした。 仕事にプライベート用に、すぐ乗れる軽自動車を探して購入した車です。
残念ながら、長年生産されてきたミニカは生産終了となりましたが、 まず最初に感じたのは、車庫証明を取る必要が無く、すぐに乗って帰ることが出来るのは楽だなぁと言うことでした。
  • 軽自動車はリヤナンバープレートに封印が無く、普通車とは違う扱いのものという感じを受けました。
    FFの3速オートマというオーソドックスな仕様でしたが、 ミニカは軽自動車の中でも車重700kgと軽かった為、ターボ無しの3気筒660ccでも動力性能に不満は無く 燃費もリッターあたり20㎞程は走りました。
  • ナンバーの封印

また軽自動車は、自動車税も年額7,000円という安さです。 普通車なら小さい車でも30,000円程の自動車税に比べると、かなり経済的だということを改めて実感しました。 現在新車で購入出来る軽自動車は、法改正で自動車税10,000円と値上りになりましたが、それでも普通車と比較するとメリットが大きいですね。

  • 室内の広さと、走行性能や装備、質感も格段に向上した軽自動車は、以前のチープさとは殆ど無縁になりました。 もし軽自動車を選ぶなら、やはり維持費の安さに加えて室内の広さや荷物が多く積めること、車重に対する走行性能も気になります。 そうした要求から、車重が重く比較的大きいハイトワゴンタイプの軽自動車を購入する時は、 特にパワーにゆとりのあるターボ付きを選んだ方が、ストレスなくドライブ出来るのではないでしょうか?
    その方がが燃費がいい場合もあるようです。
  • ターボ付き

私が思うオプションについて・・・

以前の軽自動車なら「エアバックやABSといった安全装備はオプションで」というのも少なくありませんでしたが、現状は標準装備となっています。現在の安全装備のオプションとしては衝突軽減ブレーキや、アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐシステムやドライブレコーダーなどがあります。
これらの装備は今後急速に標準装備の流れとなっていくと予想されるので、 安全性と更に下取り査定のことを考慮しても、はやりのオプションとして付けるのがお勧めです。

私が思うメンテナンスについて・・・

  • メンテナンスはディーラーやカーショップ任せばかりでは、思いがけないトラブルを招くこともあります。 最低限、ドライバーが日常のメンテナンスを心掛けなければいけないものとして、 タイヤの空気圧チェックが挙げられます。 最近の車両トラブルで急増しているのがタイヤのパンクやバーストだそうです。 空気圧が不足していると危険なバーストの原因になりますので、特に高速道路を走行する機会が多い方は細心の注意を要します。
    一般的に運転席側のドア開口部に規定の空気圧が記されてます。 ガソリンスタンドやカーショップなどでタイヤの空気を補充するコンプレッサーなどを無料で貸して貰えますので、マメにチェックした方が良いと思います。 初めての方や使い方が分からない場合はスタッフに教えてもらって、規定量の空気圧となっているか確認し、 少ないようなら空気を補充しましょう。
  • タイヤの空気圧

この記事に関連した軽自動車

カーセンサー
アクセスマップ&FACEBOOK
アクセスマップ&FACEBOOK
グループ店舗の紹介
グループ店舗の紹介
c2016 K-Smile Co., Ltd.

PAGE TOP