北九州で軽中古車販売・軽新車販売!軽スマイル39.8万円軽専門店!お探しのお車が必ず見つかります!!
軽自動車にまつわる話
軽自動車にまつわる話

軽自動車の歴史について「軽自動車の始まり」

  • 便利で快適な軽自動車。今や街で見かけないことはないですよね。
    ここではそんな軽自動車の歴史について紹介していきます。
    軽自動車とは、日本独自の自動車の規格で、 ナンバープレートが黄色地に黒文字(事業用は黒地に黄色字)になっている車種です。
  • 軽ナンバープレート

そもそも、軽自動車はいつからあるのでしょうか?
1945年(昭和20年)頃、普通自動車は大変高価で、一般の人にはとても手が出せないものでした。 そのような中で、「庶民にもモータリゼーションを!」という声から初めて軽自動車の規格が誕生しました。
1949年(昭和24年)法改正によって小型自動車が小型自動車と軽自動車に分割されたのが始まりですが、 当時の運輸省令の規格では排気量150ccが上限で、機械工学的に実現不可能なものだったそうです。

  • その後1950年代、現実的な規格へと変更されています。
    ・全長3.0m以下、幅1.3m以下、高さ2.0m以下
    ・エンジン=排気量360cc以下(4ストローク)/240cc以下(2ストローク)
    ・その他=二輪車を除く車両
    (ちなみに、年配の方がよく軽自動車の事を「軽四」と呼ばれるのは、この規定から「三輪」でもよかったからなのです。 つまり軽自動車には当時、「軽三(輪)」と「軽四(輪)」が存在し、その名残から「軽四」と呼んでいらっしゃるのです。)
  • 軽三輪

排気量360ccが上限となったことで、日本の各自動車メーカーが本格的に参入しはじめました。
この時の代表的な車種がスズキ/スズライトです。軽といえばスズキというイメージまで根付くほど、 スズキは日本でも屈指の軽自動車メーカーと言えます。

  • スズキが初めて生産した軽自動車がこのスズライトであり、大人気のアルトの前身とも言われている軽自動車です。
    これを皮切りに、スバル360やホンダN360といった名車が次々登場してきます。
    この頃、車はまだお金持ちのものとして、一般の人たちは持つことが難しい時代でした。 しかし、1976年(昭和51年)以降は税金が優遇されて、維持費も安い軽自動車を商用として使うことが増えてきます。 その後も改良を加えながら各自動車メーカーが実用的で個性的な軽自動車を生産していきました。
  • 実用的な軽自動車

軽自動車は戦後の日本で「すべての人が自動車を運転できるように」との願いから開発された車です。
そもそも軽自動車という分類の車が存在するのも日本だけのことで、まさに軽自動車は日本の戦後の技術革新の 結晶のような存在なのです。

この記事に関連した軽自動車

カーセンサー
アクセスマップ&FACEBOOK
アクセスマップ&FACEBOOK
グループ店舗の紹介
グループ店舗の紹介
c2016 K-Smile Co., Ltd.

PAGE TOP