北九州で軽中古車販売・軽新車販売!軽スマイル39.8万円軽専門店!お探しのお車が必ず見つかります!!
軽自動車にまつわる話
軽自動車にまつわる話

軽自動車の歴史について「軽自動車の発展」

軽自動車が急速に発展してきたのは、戦後の経済復興時期だといわれています。

  • 当時の日本では、国民一人一人に自動車がいきわたるようにするという「国民車構想」が進められていました。しかし大型車では製造コストが高くなり、すべての国民の手に渡るには、費用の点からも現実的ではありません。
    軽自動車は、日本経済の発展とともに、全国各地に普及していきました。
  • 一人一台

各自動車メーカーが高度成長期時代の日本に向けた「低コストのファミリーカー」として、 昭和の早くから日本の自動車産業の中で、しっかりとしたポジションを持ち、シェアもどんどん広げて行ったのです。

また、検査制度では保有台数の少なさを理由に一時廃止されていましたが、人気の高まりにより、 1972年(昭和47年)には、軽自動車に対する検査実施が正式に決定された経緯があります。 さらには、保有台数の増大に対して軽自動車の検査事務等を行う機関として軽自動車検査協会が設立されました。

  • 1976年(昭和51年)になると、排気量の上限が550ccとなりました。 この時代の代表的な車は、「スズキ アルト」「ダイハツ ミラ」です。 税金が優遇されたこともあり一般の人にも車はだいぶ普及してきたようです。
    特に地方では、生活の足として使われることが多くなりました。 その背景としては、軽自動車が運転しやすいこと、経費の点でもコストがかからないことなどがあげられます。
  • 生活の足

そして元号が変わった1989年(平成元年)には、排気量が現在と同じ上限660ccにまであがり、 車体規格も全長3.4m以下、幅1.48m以下、高さは2.0m以下と余裕のある空間を実現できる様になりました。 それによって今までよりも高出力で室内も広い、高性能な軽自動車の開発・生産が可能になり、 ますます軽自動車のポテンシャルが上がることになったのです。 これにより軽自動車の可能性は一気に上がり、各自動車メーカーが実用的で個性的な軽自動車を生産していきました。

そして、ダイハツ、ホンダ、日産などが流行に合わせて次々と軽自動車を販売することになります。 今では軽自動車は日本人には無くてはならない存在で、3台に1台が軽自動車と言われるほど人気が高まり、 多くの人が使用している状況となっています。

軽自動車は年々進化を続けています。 もしかしたら、普通車よりも乗る方が今後増えてくるかもしれません。 そんな魅力的な軽自動車が今後は海外でも活躍する日が来る事を期待しています。

この記事に関連した軽自動車

カーセンサー
アクセスマップ&FACEBOOK
アクセスマップ&FACEBOOK
グループ店舗の紹介
グループ店舗の紹介
c2016 K-Smile Co., Ltd.

PAGE TOP